2021年05月11日

スイングの傾向によって クラブの選び方も変わってきます

 プロが全員そうしてる訳ではありませんが、
とりあえず
正規にボールをつかまえるショットを「プロショット
アマが全員そうしている訳ではありませんが、
ボールがつかまえられず こすり打つショット/スイングを
とりあえず 名称の定義付け として「アマショット」

とさせてください。
27157136_1465536103569591_817080633_n

こすり打ち~アマショット をしている人が
ショットを計測しながら クラブ選定をする場合、
これはある部分、共通ですが、ヘッドスピードが高い程
弾道は高く、スピンが増え
 データ計測で使われる用語【ミート率】は下がってきます。
同じ人が ヘッドスピードの加減 をすると
アマショットの場合、
 高いヘッドスピードの方が ミート率の数値は低く
 低めに抑えた方が その数値は高くなります

それは ミート率 と言う言葉の構造欠陥ですが、
 こすり打ち、ロフトを増やそうとして打っている性質上、
 ヘッドをスピードを上げると ロフトが増え、
 ヘッドスピードを抑えると ロフトが増えない
 に過ぎません。

なので データの数値を追いかけていくと
 必要以上に少ないロフトを選ぶことになりガチ です。

また アマショットの人は
 ヘッドをたくさん動かそうとするので
 シャフトの硬さも ロフト選定と同じく
 柔らかくて たくさん動くモノほど ミート率の数値、
 つまり 大きなロフトで打つコトになり、
 必要以上に硬いシャフトを選ぶコトになりガチ、
です。

特にドライバー、というコトになりますが、
 飛距離最優先し過ぎていて
 最高のコンディションで『常時』振っていないと
 飛距離も落ちる、ロフトもシャフトの硬さもハードな、シビアなモノ
 を選んでいる傾向が強いので 安定性は捨てている も同じです。
 


良くネットで見かけるパターンです。
Y社の携帯弾道計測機…たのしですが
 ヘッドスピードを無理に上げると
 (たしかに ミスも増えるかも)
 ………ドミスは ネットには計測しないでしょうか…
 ヘッドスピードが上がったコトによって
 🔴ロフトが増えているに過ぎません。
 ミート率の数値は
 分母 ヘッドスピード / 分子 ボールスピード
 なのですから…。

ミスヒットを除いて
 スピードが上がったのに ロフトが増えるのは
 典型的な 「アマショット」こすり打ち というコトです。


27292676_1465536286902906_1876954938_n


逆にプロショットの人は
 ヘッドスピードを上げると ロフトがより立ってくるので
 数値としてのミート率は上がってきますが、
 スピンの減りすぎ、打ち出し角度の低下 などによって
 安定した距離が得にくい等
 やや大きめの 余裕のあるロフト を選びます。
  👉本当に意味での ミート率を追求できます

 シャフトも 柔らかいモノほど ロフトが立つため
 選ぶロフトと兼ね合いながら、
 無理しない硬さを選べる可能性が高く
 そういう選定からも ドライバーの平均飛距離、
 ミスショットに対する寛容性、スコアにも影響する
 クラブ選びになってくる
 のです。

スイングの傾向によって クラブの選び方も変わってくるわけです。

hbs at 16:32|PermalinkComments(0)

2021年04月12日

【実地レポ】SYB EG-05(ドライバー)

万年スライサーだった自分が
 ドローボールをコースで打てるようになるとは…
噂に違わず スライスキラーは本当でした。


スピン抑制においては
店主の事前レクチャー通り、
コースボール使用の練習場ではありましたが
 低め、失速気味の弾道 で
レンヂボールはやや苦手な模様です。
EG05_03

ロフト変更のレンチもお借りしてましたが
あえて 練習場の結果は無視して
コースへはそのままのロフトで挑みました。

仕様:44.5インチ ヘッド重量235g
   振動数 144cpm


EZ-05 ロフト/フェース/ライ調整リスト
N-    10   0.0 59.0 ➀EZ05
LOW1   9.5 -0.5 59.5
LOW2   9.0 -1.0 60.0
LOW3   9.5 -0.5 60.5
N+   10.0 +0.5 61.0
HIGH1  10.5 +0.5 61.0
HIGH2  11.0 +1.0 60.5 ➁
HIGH3  10.5 +0.5 59.5


➀N-  10   0.0 59.0
(ラウンドは馴染みコース)


元々の弾道は 少し左に出て
右に戻ってくる 右回転系のボール です。

初っ端から 真っ直ぐ出て 左に曲がるボール
 ややひっかけ気味が続きました。

従来はランの少ないドライバーショットでしたが、
ランがすごく増え、ロストしてしまうほど、でした。

弾道はやや低めの中弾道、
この感じに慣れるのに苦労しました。
距離は1番手分から
落ちドコロによっては2番手減る感じです。

EZ055
➁HIGH2  11.0 +1.0 60.5

次のラウンドでは ロフト設定を変えてみました。

従来は上がり易いドライバーショットの為、
少なめのロフトばかりを使ってきましたが、
一番大きなロフト設定で行ってみました。

結果は正解で
確率は高い訳ではないですが、
よく言われる ハイドローボール気味 な弾道も出て
ちょっと気持ちよかったです。
正確な距離は分かりませんが 10~15ヤード
丁度、ランが増えた分、飛距離は伸びると思われます。

難しいコトは分かりませんが、
ドライバーを買い替えた時、ロフト選択は迷いがちになりますが
それを購入後、解決できるという点ではとても良いと思います。
ロースピン系のドライバーの体験は無かったため、
頭の中はロフトを減らす方、とイメージしていました。
『ロフトを増やす方に変更する』とは思っていませんでした。

そう頻繁に変更するとは思えませんが、
設定変更時のレンチの力加減はちょっと怖いので
計測を経て、ロフト設定を決めるのが良いのかも知れません。



hbs at 13:44|PermalinkComments(0)

2021年04月11日

L型ブリストルパター 開発裏話③

過去のL字パターで
個人的にともかく不満だったのが
『グースネック』なのです。
003

誤解して頂きたくないのは
『グースネック』が嫌いだとか、悪いとか言っているのではなく
そのグースネックと
L字の形が。。。フランジとの関係など
パターの形状として
どのように ヘッドを移動させるか迷わせる
組み合わせだからです。

パターでいう ソールの後方 の部分
後ろに張り出した部分を フランジ と言います。

イメージ的には このフランジは
重心を深くして パターをやさしくする
ミスに寛容にする というのがありますが、
実質的にはその要素は「飾り」程度のもので
本当は その形状がアドレスしているときに
どうパターヘッドを移動させることを示唆する
 ところなのです。

ヒール~トゥ に対して 対称な形状なものは
まっすぐ引かせることを示唆します。

しかし パターにとってまっすぐは
構えてみたときの 上からの真っすぐが重要ではなく
真横から見たときの ヘッドの水平移動なり
ロフト変化の方が 距離感に対しては重要です。

個人の意見はそれぞれかもしれませんが
パターだけでなく アプローチすることの
最優先科目は その距離を打つこと だと思います。

そのためには 優先科目を狂わせる
まっすぐ引かせることを示唆するデザインは
腑に落ちないのです。

また パターのフランジ部分にラインをわざわざ引くのも
納得が出来ない部分でもあります。
パターをデザインするうえで かなりの作り手が
間違えてしまっている部分に感じますが
そのラインとフランジの関係はとても大切です。
002

好き嫌いはともかく
トゥ~ヒール方向に対して対称なものと
進行方向にまっすぐなラインはマッチしたものですが、
やや洋ナシ型の トゥ側の膨らんだタイプのものは
インサイド寄りにテークバックを取らせやすい形状なので
まっすぐ引かせることを示唆するラインとは
相性が悪くなります。
どちらにしていいか 迷う原因になるからです。

ここは デザインとしてもっと要素が絡む大切な部分です。

フランジの形状は
フェース面のかぶりや開き など
フェース面の向きや反りなどにも影響を与えます。
サンプル写真を見ても
フランジの形状によって 喚起される
 パターヘッドの移動方向に違いを感じられるでしょう。
スナップショット 1 (2016-01-17 16-25)


そして 冒頭に書きましたが
その グースネックのヘッドを移動させそうな形状と
フランジの関係はとても大切な関係です。

グースが強いと ヘッドを開閉するイメージもついてきます。
同時に ヘッドそのものを外に上げやすいイメージもついてきます。
それを フランジ部分で上手に消してあげられるか
そこらへんが 設計者の腕の見せ所でしょう。

グースがあって、フランジが対称で、ラインまであったら
ある意味「イップス」製造機になってしまいます。

パターヘッドだけに限りませんが
そのヘッドの 見てくれはある意味とても重要なんです。
003

弊社のブリストルパターは
グースネックにせず
全体重量が欲しかったのと
高重心にしたかったので
ネックを太くして、一見グースに見せました。
ネックのポケット部分にも手の込んだ削りをいれ
実はパターの歯は前に出ているのですが
構えると グース「っぽく」見せています。 

ネック周りからフランジにかけて
切れ目のない きれいなつながりにするため
何度も何度も削りを修正して
今の形に仕上げています。
フランジも含め この仕上がりは
歴代の L型パターの中で唯一無二の存在では
ないかと自負しています。


hbs at 20:00|PermalinkComments(0)

2021年04月10日

SYB EG-05  ロフト/ライ/フェース角度 変更スリーブ 取り扱い説明書

【SYB EG-05
 ロフト角度、ライ角度、フェース角度 変更スリーブ 取り扱い説明書】
EZ05

 🔴ヘッド、ヒール部になるネジを
  専用工具にて緩めて下さい

 🔴リングを上下にずらし
  回転させてください

 🔴基準点になる N- N+ があります
  それを シャフト側の 〇印に合わせて下さい

  LOW、HIGH 共に3箇所EG-05 sleeve

  LOWの場合 N-側が LOW-1
        N+側が LOW-3

  HIGHの場合 N+側が HIGH-1
        N-側が HIGH-3 です。

 (下に 各基準ロフトに対する 適合表あります)
 🔴ヘッド側の 〇印を シャフト側の〇印と合わせます

 🔴リングを隙間のないよう 上下に合わせて下さい

 🔴グリップを下にして 専用工具にて
  「カチッ」と音がするまで 締めて下さい



    
originalLOFTFace-Ang.LIE
N-0059
LOW1-0.5-0.559.5
LOW2-1-160
LOW3-0.5-1.560.5
N+00.561
HIGH10.50.561
HIGH21160.5
HIGH30.50.559.5
N-0059
    
9LOFTFace-Ang.LIE
N-9059
LOW18.5-0.559.5
LOW28-160
LOW38.5-1.560.5
N+90.561
HIGH19.50.561
HIGH210160.5
HIGH39.50.559.5
N-9059
    
9.5LOFTFace-Ang.LIE
N-9.5059
LOW19-0.559.5
LOW28.5-160
LOW39-1.560.5
N+9.50.561
HIGH1100.561
HIGH210.5160.5
HIGH3100.559.5
N-9.5059
    
10LOFTFace-Ang.LIE
N-10059
LOW19.5-0.559.5
LOW29-160
LOW39.5-1.560.5
N+100.561
HIGH110.50.561
HIGH211160.5
HIGH310.50.559.5
N-10059
    
10.5LOFTFace-Ang.LIE
N-10.5059
LOW110-0.559.5
LOW29.5-160
LOW310-1.560.5
N+10.50.561
HIGH1110.561
HIGH211.5160.5
HIGH3110.559.5
N-10.5059
    
11LOFTFace-Ang.LIE
N-11059
LOW110.5-0.559.5
LOW210-160
LOW310.5-1.560.5
N+110.561
HIGH111.50.561
HIGH212160.5
HIGH311.50.559.5
N-11059
    
11.5LOFTFace-Ang.LIE
N-11.5059
LOW111-0.559.5
LOW210.5-160
LOW311-1.560.5
N+11.50.561
HIGH1120.561
HIGH212.5160.5
HIGH3120.559.5
N-11.5059
    
12LOFTFace-Ang.LIE
N-12059
LOW111.5-0.559.5
LOW211-160
LOW311.5-1.560.5
N+120.561
HIGH112.50.561
HIGH213160.5
HIGH312.50.559.5
N-12059



hbs at 12:16|PermalinkComments(0)

2021年04月05日

L型ブリストルパター 開発裏話②



L型パターは構えてみると、視覚的に
非常にシンプルな「線」によって構成されています。

トップラインのフェース側と対になった2本の直線と
バンスというか ソール後方の緩い曲線です。
IMG_0033 (2)

直線曲線の合計3本の線というのは
一つの曲線によって
その直線が歪んて見えたりします。

843b5728


試作段階では 木
次の段階では 粘土 と使って
デザインを作っていきます。

開発当初から 溶接なしの軟鉄のインゴッドを
鍛造し、削り落とすということだったのですが
試作品として いよいよ削り出しの金属に
入ってくるのですが。。。
ここで難関にぶつかります。

開発当初は バックフェースはのっぺりとした
掘落としのないデザインでしたが
粘土とは異なる そこの削りの陰影によって
フェースが反って見えるのです。

フェース面等直線はNC旋盤による削りですから
反りが見えるような直線ではないはずなのですが
金属にして その削りの陰影が視覚的影響を及ぼすとは
思ってもみませんでした。

そこで バックフェースを窪ませる デザインに変更します。
これで アドレスから見える「線」は4本になります。
ソール後方の曲線と何種類もの半径の円の組み合わせ
・・・最終的には6種類の半径で組み合わせ
テークアウェイの移動しやすい形を作りましたが、
その曲線を維持すると フェースの歪み視覚から
抜け出せません。
バックフェースのへこみの開き角度等
この段階で16種類ものトライをしてみましたが
 やはり微妙なその反り
(フェースが窪んで 左を向いて見える)は
解決しません。

IMG_0576


申し訳ないのですが、
市販のパターは この程度であればゴーサインなのでしょう。
しかし、ハミングバードによっても
一大事業ですので、ここに妥協は許されません。

ある時、何気なく
そのバックフェースのくぼみを自分で削り始めました。
弊社にある工作機械は丸い歯のグラインダーですから
丸くへこませる形でしか削れませんが
何回か行い 形を見てみると
今までより ずっとフェースの反りが消えているのです。

あああ なるほど。

ソール後方の曲線と相応して
キャビティ部分を同じように窪ませて
そこに 瞳 の形をつくって完結させると
ソールの曲線とフェースの直線が分離して
見えるという訳です。
424f9307

そして 工場にはソールの曲線具合と同じ
キャビティ部分の円形のくぼみをリクエストしてみました

ここの部分は解決策に至るまで
相当 数と時間を費やした と記憶しています。

金属の削り出しにすると
その陰影が形の見え方に影響する
というのはとても勉強になりました。
故に 削り出しパターには直線で構成される
ピンタイプが多く、マレットや
逆にシンプルな構成で誤魔化しの効きにくいL型は
なかなか出てこないわけですね。

IMG_0033 (2)


現在 流行っている異形のマレットヘッドは
まあ ガンダム世代の人たちの受けがいいんでしょうが、
モーメントを幾何学的に表現したものですね。
しかし、パッティングストロークは
生き物である人間がするわけです。
特に パッティングストロークは
静かな動きですから、チカラやスピードで解決出来ません。
打ち手の心模様や欲がモロに出る訳です。


IMG_0035


機械的な動きを求める
私の目からすると ロボチックな形状のマレットは
多分 その場面ではマイナスに働くでしょう。

この1mを入れれば 予選通過、外せば予選落ち。
初めての 100切りのパット。
初めての ハーフ40切りのパット。
外すと トリプルボギーの登りのパット。
その場面で 機械的に動けるのならば
パターに悩んだりしないですよー。

パッティングなんて 一番感性の代物なんですから
人間の感性にあう形でないとダメでしょう。


hbs at 09:22|PermalinkComments(0)

2021年03月31日

軟鉄鍛造アイアン HBS-16


IMG_0498①クローム仕上げ
 シルバーです。
やや光沢のあるモデルです






IMG_0619②Wニッケル仕上げ
 シャンパンゴールド(金)です

サテン/ミラー2種あります







IMG_0459③テフロンブラック仕上げ
 艶消し黒 です








IMG_0611


ニューアイアンヘッドのご紹介です

IMG_0622

軟鉄鍛造 HBS-16

 ➟従来のモノからさらに20g増量
 ➟市販のアイアンヘッドよりも約100g重い(^_-)-☆

IMG_0624

  ロフト角度 ヘッド重量
#5  26度  310~325g
 6  29
 7  32
 8  36
 9  40
PW  45
PS  50
SW  55   365~385g

IMG_0613


 5番アイアンのスペック
 重心距離  39mm
 重心高   21mm
 重心深度   6.5mm
IMG_0616

今回のアイアンの特徴は勿論重い重い重いヘッドですが、
キャビティ部NC加工によって
従来のアイアンでは ロフトが大きくなる程
重心距離が極端に短くなる というのを抑制し
下になっても重心距離が短くならない という設計を採用。
(ロフトが大きくなっても左に行き難い)
(ロフトの立っているものは右に行き難い)
IMG_0623

重心深度においても
ベースはかなり深い重心で
ロフトが増えるに従って
フェース面の肉(板)厚を変え、重心の深くなり過ぎを抑制。

IMG_0617

ヘッド重量もあるので
 アイアンとは思えない慣性モーメントを持っています

重量も近づき、よりL型ブリストルに近づいたアイアンヘッドです







〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
◆電話 046-804-1480
◆メールアドレス
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp



hbs at 18:42|PermalinkComments(0)

2021年03月30日

L型ブリストルパター 開発裏話①

もう かなり前の話になりますが、
L型ブリストルパターを作ることになった経緯を
お話しします。

ハミングバードの場合
重いヘッド 柔らかいシャフトを専門としていますから
御多分に漏れず パターにもその手のものを選択します。
006

当時、もうかれこれ 10年数年前でしょうか
お付き合いのあったあるメーカーより
軟鉄の削り出しパターの在庫が大量に残ったことから
パーツで販売しませんか と話がありました。

当時はまだ 今ほど ヘッド重量が重くなかったので
丁度よい重さ(410g)だったと記憶しています。
数年にわたり、そのパターを軸に販売しておりましたが
それも残りわずかとなります。

現在 ゴルフ用品の多くは売り切り が基本です。
初版に作ったロットがさばけたら
よほどでないと 再版することは多くありません。

 今も昔も ですが、パーツも含め
パターは平均34インチと短いにも関わらず
35.5インチのウエッヂと
ヘッド重量はほとんど同じ重さです。(300g強)
スピードで何とかできるアイアンはまだしも
その素材の重さが転がりのカギ
推進力のカギになる パターとしてもあまりに軽すぎます。

アマチュアに限りませんが、
多くのパッティングストロークを見ていると
打つ距離 に対し ストローク(幅)が
余りに大き過ぎるように見えます。
たかだか 数m、ボールを転がすのに
異様に仰々しい テークバックを見ると
入らなそうですよね…。
その原因になっているのが パターヘッド重量 です。
市販の そのウエッヂと同じ重さのヘッド重量の
パターでは そうしないと届かない のです。


IMG_0536


それに意外に思うかもしれませんが、
パターヘッドが軽いと
なぜか…本能的になんでしょうか
アドレスからの動き出しにきっかけというか
始まり がしにくいものです。
パターヘッド重量はストロークのそのものの鍵にもなるのです。

トーナメント中継を見ていても
パターヘッドが軽く、緊張した場面で
ストロークを始めるのに逡巡とうか
スタートに躊躇している選手を多く見かけます。
往年の名手 特にショットメーカーとして有名な人に
それは多い気がします。
重いパターヘッドをストロークした後で
軽いパターヘッドを使ってみると
ヘッドを動かす という意味ではありませんが、
ヘッドを引きにくくて仕方ありません。
無理に動かそうとすると どうしても
ループな軌道になってしまいます。
あきらかに ヘッド重量が足りていない のです。
c534b357

まあ そこでオリジナルのパターヘッドを作ろうと
幾つかのサンプルも見ながら
デザインを始めますが、
それと同時に各パターヘッドの形状による
問題も浮き彫りになってきます。

まず マレット型ですが
マレット型は重心が深いのが特徴です。
しかし その重心の深いのは利点でもあり
大きな欠点にも成り得るのです。
まず 一つ目の問題は
人間の思い込み的な部分と
ヘッド重量がずれた位置にあるので
テークバックで外に上がりやすくなってしまいます。
重さがあれば まあ 多少解消するのですが
市販のマレットは見た目と異なり
ものすご~~~~~~~~~~~~~~く軽いので
あれでは ループなストロークは解消しません。
それに 重心が深いことによって
ヘッドが前に出やすく
本来 グリップが動くからヘッドが動く
というのがパッティングも含め、ショットの基本ですが
ヘッドを振り子で動かしやすい
そういうストロークを身に着けやすい という
欠点も表裏一体で内包しています。
   ➡ということでボツ

次は ピンタイプですが
廃版になってしまうパターが
ピンタイプだったこともあり、
あまり何もかんがえずピンで進めていましたが
ある時点で行き詰まりを感じてしまいます。

ピンタイプは形状的に
マレットよりもいっそう重心が低いところ
ソールに重量が集中しています。
ネック周りに重量が少ないんですね。
マレットの方が低重心に見えますが、
ヘッド重量を増やした時、高さをとっても
違和感が少ないので、重心は高く設定できるのです。
ところが ピンタイプだとそうはいきません。
また ピンタイプの場合
ほぼ機械工作でしか試作品を作れないのと
直線構成のため 微妙なニュアンスがなかなか
作り出せないもどかしさがありました。

ある時 もともと重い弊社のアイアンヘッドに
シャフトテスト用に 80gさらに増量したもので
何気なく パッティングしてみると
これが 素晴らしい。
何より アイアンヘッドのその形状は
ヘッドを移動させる方向を示唆、指示する要素が
強く ともかくヘッドが移動させるイメージが出やすい

よし これだ!

と思い、アイアンの0番を作ろう という発想に
至りました。
そこからが苦労の連続…。

2595cdb2

始めは ジョージローのスポーツマンを
ベースにしようと思っていたのですが
何分 サンプルがない…。
人生の中で一度だけ見た だけです。
そこで手持ちにある ウィルソンやマクレガーなどを
参考に作り始めますが、
どうも このL字パターのグースネックが
好きになれないというか
ストロークの始まり がしにくいイメージというか
ヘッドを回転させるイメージが付きまとう。
まず そこをなんとかしたい…。

とはいえ 視覚的につかまりが悪くない ものにしたい
ということを考え、
同時に重心を高くしたい のを両立させるため
ネックを太く、長くしてみました。

常識的にアイアン系のネックは 直径15mm前後です。
ヘッドのベース重量を 450gとすると
直径を3mm増やすと その部分で20g近く増量でき
かつ 重心も1.5mm位高く出来ました。

しかし 今度はそのネックの太さから
強度が増してしまい
後々のロフトライ調整が非常に難しくなってしまいました。

そこで 素材を 軟鉄鍛造のS25Cから
S15Cに落とします。
これによって ロフトライ調整も可能になりました。



hbs at 16:01|PermalinkComments(0)

L型ブリストルパター ビジュアルの時代に逆行してますけど…


IMG_0567

より良い
『転がし』が必要な
 パッティングには
重心の低さも重心の深さも
 マイナス効果高いと思うけどね

★マレットタイプの重心の深さは
 テークバックが外に上がる傾向強いですね
IMG_0571

最近は ネットやSNS、インスタグラム などの
『ビジュアル』 見た目の時代だから

機能的…に見えるモノがウケる
んでしょうね


hbs at 03:31|PermalinkComments(0)

2021年03月22日

【実験】SYB EZ-05 ドライバーヘッド

EZ-05 ドライバーヘッドに実装されている
 ネック調整をテストしてみました。

🔴実験ドライバー 44.5インチ/ヘッド重量 227g --振動数 148cpm
🔴ボール スリクソン X


ロフト角度だけ、ライ角度だけ、フェース角度だけ、
を調整することは出来ず、
 複合で変化する仕組みです。
EZ05

添付されている レンチ は
 トルクレンチ になっており
締め付け時、「カチッ」音が鳴り、
締め付け規定値以上かからないようになっています。
(ちょっと怖いですけどね)
ネジを舐めたりしないよう
 グリップを下にして クラブを垂直に立てて                                                                                                                                                                                                                                                                                    
 締め付けるコトを推奨いたします。
EG05_02
ヘッドの標準値(Nマイナス)は
 ロフト角度 10.0
 フェース角度  0.0
 ライ角度  59.0
 です。

ネック部の 表と裏に Nプラス Nマイナス
 と表示があり、それを目安に

LOW1 9.5 -0.5 59.5
(固定位置 Nマイナス寄り)
LOW2 9.0 -1.0 60.0
LOW3 9.5 -0.5 60.5


N+  10.0 +0.5 61.0
HIGH1 10.5 +0.5 61.0

(固定位置 Nプラス寄り)
HIGH2 11.0 +1.0 60.5
HIGH3 10.5 +0.5 59.5


合計で8通りの ライ、ロフト、フェースの組み合わせです。

2021-03-19_16-46-28_Moment


3人のお客様に
❶ LOW2  9.0 -1.0 60.0
❷ Nマイナス  10  0  59.0
❸ HIGH2  11 +1.0 60.5

を打って頂きました。

打ち出し上下角度(平均値)
❶ 11.3度
❷ 13.2度
❸ 14.9度


縦のスピン量(平均値)
❶ 1761cpm
❷ 2155cpm
❸ 2487cpm


という 数値通りの結果 と相成りました。

✋打ち出しの左右角度に
 大きな差はありませんでした


元々のヘッドの性格が スピン抑制が強いので
どのロフト角度にしても かなり低めのスピン量 です。

低めの球質の方やヘッドスピードに自信の無い方には
9.0~9.5 は かなり手ごわい かも知れません。
やや 長めのセッティングが良いかも。。。

また 球質ですが、
これも 元々のヘッドの性格が スライスキラー の為
ロフトが大きくなる に ライ角度のアップ、
フェース角度のプラス が加わるので
ロフトを増やすほど 右回転体質が薄れ
❶ と ❸ では 左回転が約400cpm 増えました。
EG05_03

やはり 右回転気味で
弾道の高さやスピンの多さ に悩む
飛距離アップ希望のゴルファーにとっては
かなりの お助けドライバー に成り得るヘッド です。


hbs at 16:33|PermalinkComments(0)

2021年03月19日

スラントーロングネック 『デール9』タイプ  --ピン型


ネック部を5mm ヒールにオフセット
SLN-PT4
SLN-PT1
SLN-PT2
SLN-PT3
SLN-PT5
SLN-PT6
SLN-PT7
SLN-PT8
 


hbs at 19:40|PermalinkComments(0)

2021年03月18日

【ニューギア】SYB EZ-05 ドライバーヘッド

SYB(コンセプト)より ニューギア✊
 ドライバーヘッドのご紹介(試打クラブあります)です。 

ハミングバード 初のネック調整式。
  シャフトテストに便利ですね^^

EG05_021
今どき…の シャロー形状(体積460㏄)のドライバーです。
 そのシャローさ、薄べったさはドライバーというより
 フェアウェイウッドに近い
、かと思います。
EG05_04
【構えると大きく見えます】
最近の一般的なドライバーは
 フェース高さが 55~60mm 位です。
参考例 弊社 GR-14 60mm
    ミステリー CF455 56mm
この EZ-05 は 52mm と超薄型
まあ その分 構えた時の大きさ~投影面積は
 460ccクラスのドライバーでは最大級
……安心感は高いですね 
EG05_04

【かなり高音、大きめな打撃音】
 おそらく、ですが、フェース面には DAT という
チタン素材が使われていると思われるほど
打音は大きく、高音♪
    威圧感はありますね

【スライスキラーなヘッドです】 
ヘッドの特性、性格としては
シャローフェース にしては
    短めの重心距離
そして 深めの重心深度 による
    大きな重心角度
右回転、スライス、プッシュ気味に悩む人
 にとって スライスキラー としては かなり優秀です。
EG05_02
【スピン抑制機能が最大の特徴】
特徴 としては
 やはり ロフト調整機能が付いているコト なのですが
 HBS仕様ですと、後方に45gのウエイトが入るため
 重心がかなり低く(重心率の低さ 52% は強烈
 ですので 強烈なスピン抑制性能があり、
 購入後、ロフトを増やす方向に調整する可能性大 です。

平均的な男性ゴルファーですと 縦のスピン量 が
 いきなり 1000回転減ってしまう可能性もありますね。
EG05_03
スライス気味で 回転も多めの人にとっては
いきなり 飛距離が伸びる可能性の高いドライバーヘッド です。


当社測定値
 ヘッド体積 460cc
 基準ロフト角 10.0度   調整により 9.0~11.0
 基準ライ角  60.0度  調整により 59.0~61.0
 重心距離 35mm   👈
  フェース高 52mm   👈
 重心高さ 27/25mm  👈
 重心率  52%   👈
 重心深度 38.5mm  👈
 重心角度 24.5度   👈


今どきの特徴の無い、ネック調整機能のみの
 薄型ドライバーヘッドに比べると
ターゲットのはっきりした
かなり 個性的なドライバーヘッド です


2021年01月23日

ピン型 ロングスラントネック 金ぴかサンプルモデル



hbs at 18:14|PermalinkComments(0)

2020年12月29日

リシャフト//シャフトのバランスポイント

◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)


シャフトの重量バランス(バランスポイント
 -バランスの取れるポイント(箇所)
は ゴルフクラブのカタログ では まず、絶対、
場合によってはシャフトメーカーのカタログ であっても
 表に出てくることはありません。
ゴルフ雑誌のゴルフクラブやシャフトの特集であっても
 ほとんど 取り上げられるコトも無いでしょう。


シャフトを選ぶ際のポイントとして
 まずは 硬さ(絶対条件‼)
 そして 重量 
  …とは思うのですが……。

他にも、 やれ キックポイントとかトルクとか ありますが、
この表に出てこない バランスポイント というのが
シャフトの 良い意味でも、悪い意味でも
 最大の特色 ~機種による違い になるのでは… と思います。

表に出て来ないので とても厄介 です。

製造業者である 私 であっても
 各メーカーの、各機種の バランスポイントは
実物を手に取り 各パーツの重量を調べたり、
 測らないと分からないケースが少なくありません。

✋正確に測るには クラブとして組み立てられていない
 シャフト単体の状態 が必要です。

重心のかかり方 (2)


シャフトは ご存知の通り
 先端が細く、手元(グリップ側)が太くなっています。

サイズ(代表的なモノの外径) で言うと
●ウッドの場合 先端が 8.5mm  グリップエンドが15.0mm
●アイアンの場合
 グラファイト素材    9.4mm  グリップエンドが15.0mm
 スチール素材     9.0mm  グリップエンドが15.0mm


✌✌✌細い部分である先端の強度を補強する為、
グラファイト素材の場合は 先端に弾性の高い(強い)素材を足し増し、
スチール素材の場合は 金属素材の厚みで補強、
 少々オーバーではありますが、外径(見た目)と反対に
 内側は逆テーパー
(スチールシャフト)になっているような状態です。

蛇足ではありますが、
スチールシャフトの方が補強し難いにもかかわらず
グラファイトの外径より細いのは ある理由による形状の違い です。
その形状~外径が固定化、される頃は接着剤の素材が良くなかったため、
接着され難いスチールシャフトは
 先端部をテーパー化して、接着面積を稼いでいます。
(グラファイト素材のそれは ほとんど パラレル です)
接着材の質、向上がなされている為、
 現在ではほとんど意味を成しませんが…。

故に バランスポイントは スチールの方がグッと先端寄りで
(先端を0、エンド~グリップ側を100とすると)
グラファイトシャフトの平均的なBP 52~54 に対し
スチールシャフトのそれは 48位になっており、
同じ長さ/同じヘッド重量 のクラブを組んだ場合、
 数値上 グラファイトシャフトの方が スイングウエイトは大きく出ます。
 その差は10~15g分位 あります。

昔からよく言われる 「グラファイトの方が飛ぶ」 のは
シャフトの素材のせいではなく、
👉重いヘッドが装着されているから なのです。


ですので 市販のユーティリティなど、
市販状態でグラファイト素材のシャフトが付いているモノを
スチールシャフトに変更する場合、
 同じ長さでは作れないことが殆どです。
(スイングウエイトなどを無視する場合は可能です)
59010005_1

ウッドなどをスチール化する場合
 数値上、同じバランスポイントにすると仮定すると
グラファイト ⇒ 45インチのモノ
スチール化 ⇒ 43.5~43.75 まで 短くなります。

これも蛇足ですが、
数値上のスイングウエイト(C-8とかD-0)は
シャフトの重さではなく、シャフトのバランスポイントの方が
圧倒的に効く、作用します。
同じシャフトのBP、 同じヘッド重量、 同じ長さ であれば
シャフトの重さを 40g ⇒ 80g 倍、3倍にしても
スイングウエイトは 全く同じ です。
ですので スイングウエイト は その言葉の意味とは異なり、 
 人間の感じ方 を表しているモノ では無い というコトです。


従来は スチールシャフトとグラファイトシャフトでは
明確なバランスポイントの違い、暗黙の基準 が有ったので
良かったのですが、最近では
アイアンはスチールシャフトがデフォルト(基準)状態の為、
グラファイトのウッドシャフトも BPをスチールに合わせているモノ
も多数😨出現し、ひっちゃかめっちゃか状態です。

いろいろとバリエーションが増えるのは良いと思いますが、
グリップの重量にもバリエーションがあり、
シャフトの硬さやキックポイントにも明確な基準がないのに
表に出てこないBPにも 種類 が多いのは大変困ります


どんな風に困るか というと
❶バランスポイントが先端寄り ~軽いヘッド装着 のモノに
  軽いグリップを付けたモノ
❷バランスポイントが手元寄り ~重いヘッド装着 のモノに
  重いグリップが付いたモノ

この二つが 数値上、スイングウエイト 場合があるのです。
本当の意味の、実質的な意味のバランスは全く異なる!のに、です

シャフトが同じ重量であれば 総重量で判別するコトが可能ですが、
重いヘッド/グリップ - 軽いヘッド/グリップ、
 その差分、シャフトが重かった場合(総重量が同じ)では
まったく 異なる作りのクラブなのに 判別が不可能 になる訳です。

また このケースで シャフトの長さは同じ、
シャフトの硬さ ~振動数上数値が同じ であると
 軽いヘッド装着のクラブの方が 実質、シャフトは柔らかい のですが、
それは 長さは分かるにしても、
 おおよそのヘッド重量が分らないと判別不可能です。


同じバックに入る
●ドライバー
●フェアウェイウッド
●ユーティリティ
●アイアン
●ウエッジ
これらの中に 上記の ❶と❷が混載されている可能性があっても
その数値が読み取れなくなります。
IMG_0591

スイングウエイトの数値は同じでも
実質、ヘッド重量が10g差があったら どうでしょう?
 同じ感じに振れるでしょう?
10g は 数値としては小さいように感じますが、
長い棒の先端、一番移動量の多い先端部分の10gの違いは
かなり大きいです。
一般的に 売られている 後付けの 鉛-2枚分の違い です。

1回打って 鉛を10g貼り、次は剥がして
を交互にやったら どっちが良いのか、悪いのか
スイングが悪いのか、タイミングが悪いのか
どっちが合ってるのか 訳分からなくなると思いませんか?

キックポイントなど曖昧な違い
総じて しなりの少ない硬いシャフトを使っている人が
圧倒的に多い この状態では
その 10g分、ヘッド重量が異なってしまう
バランスポイントの方が ショットにもスイングにも大きく作用します。
しかも それが あまり話題、
 クラブ選びの基準にもなっていないのです


hbs at 15:02|PermalinkComments(0)

2020年11月24日

スラント~ロングネック(生産予定) プロトタイプ 重量比較



hbs at 16:09|PermalinkComments(0)

2020年11月13日

ピンタイプ スラント~ロングネックパター(仮称)



hbs at 19:39|PermalinkComments(0)

2020年11月06日

CF-445 ミステリー …ドライバーヘッド

【店主お薦め ドライバーヘッド】 445TL-6_00

ミステリー CF-4


 形状的には セミディープ です。
 右に行き難い・スライスを嫌う
 ✋飛距離重視型 ですね





昨今は ネック部のカチャカチャ のお陰で
シャローなモノばかりが多い ですから
(実は設計に自由度が少ないので 似た形状ばかりですが)
それに比べると かなりオーソドックス
 ヘッド形状はとても綺麗、美しいヘッド、なのですが
 若い人には見慣れない形状になってしまったかも…

445TL-1445TL-2











性格的には 弊社のモデル GR-14 に非常に似ており
 GR-14 の後継機とも言えるモデルです。
 
重心深度の浅め、重心高さの低め で
スピンを抑制した 飛距離重視タイプ
 です。

体積 445㏄
重心距離  38.8mm
重心高さ  35/27mm
 重心率  56%
重心深度  34.5mm
重心角度  19.5度
ライ角度  59.5度



GR-14(重心距離36.5㎜)に比べると
いい意味で重心距離が長めで
よく言う「叩いても 左に行かない、行き難い」設計です。
何人かでテストして頂きましたが、
引っかけ や 左曲がりがおとなしい というか 安全な感じです。
重心高~重心率も 53%のGR-14 → 56%
 と少しマイルドな感じになっています。

IMG_0459
重心距離設計より
 弊社 軟鉄鍛造アイアン HBS-16(40.6㎜)
 と非常に相性が良いと思います✊✊✊





445TL-4445TL-3











形状もアリ、見た目 やや小ぶり に見えるので
 短め 43.5~44.5 インチ がお薦めです。
その際、スピン抑制性能も強め なので
 あまり厳しい ロフトは選ばない方が良い と思います。
(長さに応じて…考慮して下さい)

445TL-5-1445TL-5-2











重心を浅め に設定しているせい なのか
打音はおとなしめで、キンキンと鳴るタイプ ではありません。

hbs at 17:07|PermalinkComments(0)

2020年08月06日

え?! ウエッヂに『スチール』なの?

 

クラブ診断をすると、
ものすごく よく有る例で… あまり口にはしませんが
『悩んでいるなら…辞めた方が良いのに…。』
と言うモノの 代表例があります。


それは…
ウエッヂのみを『スチールシャフト』にするコト です。


IMG_3232

気持ちは分からない訳ではありません。
●シャフトが重い方が 安定するんじゃないか…
●飛ばさないクラブだから…

おそらく そのケースの殆どがこの二点なんだと思います。

答えから言えば 

シャフトが重く なったコト で
スイングが、アプローチが、安定する なんてコトは
よほど 一方の軽い方のシャフトが 30gや、40g以下
のようなケースとの比較でない限り、
スイングに影響を与える差 ではないです。

ないですが、 気持ちの点も含め、重い方が安定する効果は
無いとは言い切れません。 その点はわかります。

ウエッヂ…アプローチショットが『飛ばさないクラブ』なのは嘘ではない…ですが、
アイアンの カーボン~グラファイト と スチールシャフト の
距離の差は そのシャフトバランス構造 から起こる ヘッド重量の差
が始まりです。
☑強度が必要で、シャフト先端が重くなってしまい
  重いヘッド装着が難しいスチールシャフト
☑設計の自由度が高く、シャフト先端を重くせず、
  強化出来るグラファイト(カーボン)

かつては良心的なメーカーさんでは
 長さ分も含めると 大きなもので20gのヘッド重量差、
シャフトの先端径や形状にも違いがあったので
アイアンヘッドには スチールシャフト用、グラファイトシャフト用
の二種類がありました。
Desktop 2020.05.16 - 18.27.00.02_Moment

今は ゴルフクラブが売れず、
特にアイアンセットは売れませんので
シャフトのバランスも スチールであっても、グラファイトであっても
殆ど似たようなモノ シャフトの先端径や形状も同じにして
コスト半減の為、統一規格に近いモノ になっています。

ですので シャフトの重さ、シャフトの材質に関係なく
ヘッドの重量は同じ。
グラファイト(カーボン)だから 飛ぶ なんてコトは一切ありません。
都市伝説、ソノモノです。


アイアンシャフトのウエッヂだけを『スチール』にする、
その最大の問題点は シャフトの硬さ にあります。

グラファイト(カーボン)シャフトの方が
 "素材"として 柔らかい訳 ではありませんが、
使う人のニーズ、購入される対象の年齢なども鑑み、
やや硬めのスペック SRクラスで #5アイアンで260~265cpm位
ですので バラつきがなく、流れていると仮定し
その流れのPWは285~290cpmです。

#5-260
#6-265
#7-270
#8-275
#9-280
PW‐285cpm グラファイト(カーボン)
SW-340cpm 👈スチール


ところがここに スチールシャフト、
機種によって異なりますが、代表的なダイナミックゴールド
まあ そう言う構成を選ぶ方は
ウエッヂのシャフトにR-シャフトは採用しないから
ダイナミックゴールドのS-シャフトを採用すると
シャフトの硬さは 一気に 330~340cpmを越えたりします。

飛ばさないクラブ、振らないクラブである ウエッヂが
いきなり 40cpm も 50cpm も硬くなるのです。
速く振って解決し難いウエッヂが硬くなる のです。


一般的に ヘッドスピードとシャフトの硬さ は関係している
と思われている訳ですが、飛ばさない~振らないクラブ の方が
シャフトが硬いのです。  コレ、まずいでしょー。

逆に、安定しにくくなるんじゃないですか❓



で………なんですけど、(ここからが本題ですが…)
コースではですね、 その振動数340cpmを超えるウエッヂ
それを使った後は パッティングを挟んで ドライバーなのです。
ドライバーを打つ前に一回 一番硬いシャフトで練習している
とも言える状態になる訳です。

先日も書きましたが、クラブの中では売値に関係なく
ドライバーはまだ商売になる状態ですから、
売るために どんどん柔らかくしています。
46インチで SR表記、振動数220cpm、220台なんてモノも
ちらほら見かけます。
●120cpm硬い 340cpmのウエッヂを使った後で
 120cpm柔らかい 220cpmのドライバー
打ったら
成功し難いですよね。
幾らなんでも 差が大き過ぎます。
ですので、お悩みのドライバーの問題点 は
そこだったりするんですけど、
まあ そう説明しても、聞いてくれない って言うか
自分の欲しい回答ではないので 咀嚼してくれないですね。

アイアン、特にウエッヂに合わせると
ドライバーのシャフトは 280cpmを超えるモノ
220cpmを基準にすると 5フレックス xxxトリプルエックス
みたいなものになっちゃいます…
それ、幾ら何でも解決法とは呼べない、最悪の対処法になっちゃいます。
ま、でも ウチではなく(お薦めしませんので)
 他店さんでリシャフトするんでしょうね。

ま そうやって クラブセッティング と スイングはごちゃごちゃになっていく訳です。


hbs at 17:16|PermalinkComments(0)

2020年07月09日

ハミングバード店主はこんな風に考えています

なんで 重くて、柔らかいシャフトの道に進んだか? って

ルールの範囲の中でインチキして飛ばしたい!

飛ばして頂きたい! と考えたからです。


IMG_0361


開店当時はオーダーメイドゴルフショップのパターンに漏れず、

硬いシャフトのハードタイプも作ってましたけど、

正直なトコロ、腕自慢の飛ばし屋さんたちは

だいたいのところ、ゴルフクラブではなく、自分で解決してしまうから

お店として役に立てるところはないな と感じました。


お客様とともに色々試してみると、

柔らかいシャフトの方が断然飛ぶんですね。

ドライバーに関しては、大手メーカーもそれをわかっていて

20年前.10年前に比べると だいぶ硬度落ちてきてますね。


あとは 柔らかいシャフトの方が

体の故障が圧倒的に少ない。

柔らかいシャフトにすると からだを痛めることは

まず皆無!と断言出来るほどです。


ただ 柔らかいシャフト って物理的な限界が

やってきてしまうので

「飛ばす為」「飛ばして頂くため」

ヘッドを重くし始めたら、その重くした分、

やっぱり 飛ぶんですね。


それと同じ距離であっても、スイングが大人しくなって

安定し易い と言うのもあります。


また 重いヘッドにすると、ラフやバンカーが楽になるし、

ヘッドスピードで解決し難い、アプローチとかも、

断然、楽になるんです。

お店を続けていての実体験です。


ですので 私は硬いシャフトのことも、軽いヘッドのことも

当然、経験済みで どのゴルフショップよりも

広い範囲のセッティング幅を持っています。


スイングのコトを除外するのなら

今よりも 少しだけ柔らかくて、少しだけヘッドの重い、

✋セットとして、バッグの中に入っているクラブの

硬さをちゃんと統一してあげれば

多岐に渡って、段違いに良くなります。

スイングも良くなります。




昨今のゴルフクラブって

飛ばないと売れないから ドライバーの重心距離は長めで

シャフトは柔らかめ、

今、Sシャフトって言ってるほとんどのクラブ(シャフト)は

20年前なら R以下の硬度です。

(機種によってはレディースって言っても良いほど)


アイアンはどうやっても売れません。本数多いですしね…。

ですので セットの本数を減らし、

スチールにしないと、売価が高くてより売れないんです。

(それでも売れてないですけどね…)

そのスチールは小振りな重心距離の短い、

ドライバーに比べると格段に…

……実フレックスで言うと 3~5フレックス、

ドライバーより硬いんです。

どう考えても、ドライバーと噛み合わない。

重心距離の問題もあるしね…。


一般的にスイングの練習、ショットの練習はアイアンが中心。

スイング創りをドライバーでする人は多くない訳で、

重心距離の短く、スチール用の軽い、硬いシャフトで

学んだ、覚えた、培ったスイングで

性質的にまったく反対にいるようなドライバー打つんだから

ホント、ご苦労様…としか言えません。

悶絶クラブ…にしなくとも

そこだけ解消すると ゴルフは見違えるように良くなると

思うんですけど…あんまり誰も言ってないよね。



hbs at 15:26|PermalinkComments(0)

2020年05月06日

祝 開設 新ハミングバードスポルテ~ホームページ

hbs at 18:54|PermalinkComments(0)

2019年12月18日

【投稿】市販の軽量スチールアイアンの罪

 
002

 お手紙ありがとうございます。
既に組まれているアイアンですので、
ここの重量は正確ではありませんが
お使いになられているアイアン(#5)は
 ヘッド重量  240g前後
 長さ     38.0インチ
 シャフト硬さ 284cpm
 ロフト    25度
    のモノです。
試打されたアイアンは TRI-11
 ヘッド重量  305g
 長さ     38.0インチ
 シャフト硬さ 165cpm
 ロフト    27度
    のモノです。

二つのアイアンは 硬さとか、ヘッドの重さの違い
と言う以上に 別なスポーツの道具 と言えるほど
全く異なるものです。

試し打ちをされたアイアンは 硬さの番手11番
というものですが、これがある程度打てるのであれば
市販の軽量スチールのアイアンでは
クラブが打ち手、ご本人に何もしてくれません。
ただ ボールを自分の足や手で直接蹴る殴る と
痛いですから、その代わりに使うだけの道具とも言えます。

シャフトが柔らかいクラブは
打ち手のインパクトを左に押す…ずらします。
打撃方向~トップ以降⇒フォロー方向 に対して
動きの方向や速度、動きそのものを促す効果が高く
打つことを助けてくれます。

その時々のヘッドやクラブの姿勢を
打ち手に伝える機能も強い ですから
感触でスイングの形を作っていける可能性も高くなります。

そこにヘッドの重さも加わります。
その度合いも激しく、慣れてしまえば
お使いの市販のアイアンは
ただ自分が筋力によってクラブを振りまわすのに負荷が少ない
程度の働きしかありません。

長さも総重量も大きく変わりませんが
クラブの動きを促すだけでなく
打撃そのものの破壊力もありますから
ロフトは多くとも飛距離は望めるでしょう。
002

市販の多くのクラブは ストロングロフト
立ったロフトです。
ですが、市販のクラブはグリップを支点に
ヘッドを振る動きで打つことに「適して」いるので
グリップの移動が止まり
ハンドファーストが作れず
右体重のまま、上に振ることを促します。
そういうスイングを造りたい人はどうぞ…と言うか
そういうスイングでないと使えません。

ですので、入射角度も緩くなり
上に向かって振るので、ロフト角度にかかわらず
飛び出る角度も高くなります。
飛び出る角度は高いですが、
下をくぐるようなインパクト、打撃になるので
ボールに対し、打撃のエネルギーが伝わりにくく
ボールの回転にエネルギーが逃げやすくなります。
5番アイアンで打つ ロブショットみたいになる訳です。
「抜けた球」と言います。  。。。だるま落としに近いですね

市販の軽量スチール系のアイアンでは
上から打とうとしても
上から打つことだけを気にすると
フェースはがっつり開いて シャンクするような、、、
フェースの開きを気にすると
ボールは左に低く飛び出て、左に曲がります。

ドライバーと比べるとかなり・・・
ボール6個分以上右に入れないと打てないでしょうね…。

その影響はフェアウェイウッドに強烈に出ますから
ゴルフバックからフェアウェイウッドが消えてしまう
可能性も十分あります。

パターも含めた全部のクラブを同じように、
そして ゴルフクラブの本来の機能を活かして打撃したい
とお考えでしたら、どうぞもう一度ご来店くださいませ^^